2015年08月21日

カワサキ ZXI1100

先週 有田のマリーナにて、エンジン不調との事で少しだけ点検(キャブ掃除)だけしてみた 大阪のHさんのZXI1100
今週の月曜日に、引き上げて修繕。
クランクシール抜けによる、1次圧縮不良?だと予想し
クランク分解かクランク交換では、高額修理になるので、ここは中古エンジンに載せ換えを提案
ちょうど、私が乗ろうかな?と思っていた ZXI1100の目処もあり 早速 そのジェットも引き取りに。。
無事に そのジェットの状態も確認し いざ作業
しかし、この中古艇のエンジンを使うと 自分のジェットが無くなる・・・・大汗
何とか、クランクじゃない事を祈り 再度 念入りにキャブをバラき、組上げ取り付けるも、エンジンは掛かるがエンジン音に異音がする・・・・ダメか?
ゲージにて圧縮を測ってみると・・・真ん中のシリンダーの圧縮が・・・0?  ダメだぁ 焼いてるな。 と、やはり自分のを犠牲にする事に決断が。。決めた。。
エンジンを下ろすついでに、どこが壊れてどんな感じなのか?
確認したいので、バラしてみると



完全にご臨終


下ろして撮影

クランクケース内も、カラカラに乾いてるし、クランクもダメそう。

聞くところに、15~18年の間に数回程しか乗っていない との事
となると、オイルタンク内の2ストオイルの劣化も怖いし
オイルの入れ替えも提案
タンク内部のオイルは、色は黒いがゴミの混入も見られなかった・・・が
タンクからポンプまでのホース内部のオイルも交換しようと抜いてみたところ
ん?透明に近い液体が・・・・出てきた


結構な量?の水です。  これが焼きついた原因でしょうね
オイルの入れ替えを提案して、正解でした。
って言うのも、先日 新品のオイルを1缶入れた との事で、もったいないなぁ と話してたんです。
いや もったいないけど・・・換えましょう と押したのが、ほんと正解でした。
積み替えるエンジンのマニなども外して、出来るだけ塩抜きもして、2基の部品の良い所取りで組上げて塔載
無事に昨日 納艇できました。
今シーズンは諦めてた との事ですが、まだ今シーズン楽しめますね。  


Posted by Garage ALL-1 at 15:01Comments(1)マリン

2015年08月12日

マジェスティ トライク

先日 神奈川より、はるばる業者様が来店
神奈川県でトライクや福祉車両の製作に熱を入れられてる、片山技研様 http://freewheel-jp.com/ に来店頂きました。
ご来店のきっかけは、関西方面からの購入希望の方の今後のメンテナンスの御依頼と今回の納車の中継
以前から関西方面から購入希望が年に数件あるそうで、
しかし、職人気質の社長様が ネット通販にての売りっぱなし に納得いかず断っていたとの事(バイクと自動車の修理が出来るのが条件らしく)

そこで、ミニモト4耐にて数年前からお付き合いさせて頂いてる 
Team三河屋こと 三河屋&すっぽん料理 遠山 の社長の紹介にて、今回のお付き合いのきっかけを作って頂きました。 
遠山さん ありがとうございます。

さて本題のトライクがこちら。。

紀美野町の方で、お仕事を隠居し ゆっくりと風とお友達になりたい
友人もバイクを購入し一緒に走りたい が、年齢的に転ばないトライクが希望 との事
私も点検がてら、少し乗りましたが やっぱりノーヘルで走れるので、爽快感は抜群
そして、信号待ちも足を着く必要もないので、楽チン。
思ったより小回りも良いし、バックギアも有るから何の問題もなし。
しかし・・・一つだけ問題が・・・・
バイクは曲がる時 曲がる方向に寝かせる・・・。
これは、完全に体に染み付いてる・・・しかし、トライクは寝かせる事が出来ないし、曲がるにはハンドルで曲がる・・・すると、バイクはロールし、反対に傾く。。。
これが、慣れるまで怖い~~~。車ならハンドルとは逆にロールし傾くのは、全く怖くないのに・・・染み付いた感覚って凄いです。
昔、立ち乗りのシングルジェットに乗った時 曲がるのにバイクの要領で寝かしたが、全く曲がらない~~ってなったのを思い出しました(あれもハンドルをきらなきゃ曲がらない)

この日は、片山技研の社長は、この後 この車両を業者に納車するのに、九州に向かいました。 神奈川~和歌山~九州 凄すぎです 汗

ハーレートライクですね。
私の友人が、ハーレートライクが欲しい とのお話をしており、見て頂けるなら と、一緒に運んで頂きましたが、友人は仕事の都合で来れず・・・残念でした。

もし、トライクの購入などをお考えの方は協力店として中継できますよ~
また、この片山技研さまの一番の目玉
車椅子のまま乗車し、運転出来る コアラ もメディアの取材も受け有名みたいです。 もちろん公道使用の認可も通しておられます。http://koala.freewheel-jp.com/   


Posted by Garage ALL-1 at 18:35Comments(0)車両情報

2015年08月12日

GPR1200

一昨日のエキサイターの点検時に、マリーナが預かってる
カワサキZXI1100 と GPR1200も、少し見て欲しいとの事で同時進行で、その2隻も点検作業
画像は無いが、ZXI1100は、ガソリンが来ていない様子?との事。
まず、キャブレタを外して点検・・・異常なし
かろうじてエンジンが掛かるので、エンジンを掛けキャブレタを覗くと・・・
3気筒の真ん中のキャブの底で、バックファイヤーが見える・・・。
ん? ガソリンが来ていないんじゃなく ガソリンを吸い込んでない?  再度キャブを外して、セルを回し マニの不圧を手で・・・吸い込まない。
どうやら、クランクセンターシールがダメみたい。。こちらのZXI1100は、しばし修理方法を検討中

次に点検したのが、GPR1200。
こちらは、昨年にエンジンを修理させて頂いた舟艇
アイドリングを下げたいが、調整ワイヤーがない との事
私自身 ジェットのアイドリングは少し高めに設定するのが好き(アイドリングで少し進む位)なので、高めにしていたが、進まない位に下げたいとの事
たまたま他のジェット屋さんが数日前に来たらしく、アイドル調整ワイヤーを見て貰ったがわからなく  外してる
と言われたらしく・・・  先日、私になぜ外してるの?と電話が・・・。
外した覚えも無く・・外すとアイドリングしなくなるんですが・・・。 と説明し・・・ 多分 ワイヤーの固定ステーが以前から折れてたので、ワイヤーが下に落ちてる可能性ありですね~と。
その調整ワイヤーの点検で見てみましたが、他のホースにまぎれて並んでるのを発見。。
ワイヤーの保護チューブも黒いホース  横のホース類も黒いホースなので、見分けが付き難かったんでしょうね。
有った有った と調整ワイヤーを見える所にバンドで固定して、簡単に作業終了のはずが・・・・
やっぱりアイドリングを見といた方がいいかぁ?と、2階倉庫に保管してる舟艇をフォークリフトで下ろし、エンジンを掛けて水洗ホースを繋ぎブルルン~  
一番高い時で2500~2800rpm 水に浮かべたら500rpm位落ちるはず。。。
少し下げたいとの事なので、下げておこう・・・・。
調整ワイヤー回るかなぁ?  軽く回った(よく固着してるのが有るので)・・・・良かったぁ 固着してなくて・・・・・
ん? 下がらない・・・・再度回す・・・・下がらない・・・切れてる?・・・・
ワイヤーを引っ張ってみても、伸びて来ないので切れてない?・・・・だけど・・・・下がらない・・・
こりゃ切れてるか?切れかけてる?
で、この時で既に。PM5:00を過ぎている・・・ここからキャブレタを外すには・・・ これまた この舟艇は 上にマフラー下に、キャブレタなので、2時間程かかるやん・・・マリーナは閉店時間・・・・こりゃ明日に持ち越しだわ・・・汗

その後 帰店してから、もしもの事を考慮し 私のバイクのメーターワイヤーを外し ステンレスボルトに溶接し、簡易調整ワイヤーを造り、準備。

そして、昨日 再度マリーナへ。。
キャブレタを外すのに、マフラーなどを外し そのマフラーを抜き取るのに、上部にあるステーを外す必要があるので、取り付けナットを外しながら・・・・ん? 確かこのステー  昨年 エンジンを直す時・・塩噛みで外れず マフラーが抜けず 仕方なく エンジンを先にバラしスペースを作ってから、マフラー抜いた記憶が・・・・
やはり! ステーが外れない 何度も知恵の輪を解く様にチャレンジするが、絶対に無理だぁ・・・・大汗
こうなりゃ  マフラーを寄せながら作業するしかない
出来るのか?  やるしかない。。。  何とかキャブレタを外し、ワイヤーを点検
  

ワイヤーを外して、引っ張ると・・・抜けてきました・・切れてます

即席ワイヤーの長さを少し長めにして切り 保護チューブも長くして、先には取り付ける物がないので、丸めて回せる様にして、何とか調整可能に対応・・・。


この2日間で、一番簡単なはずのサービス点検が・・・
一番大変な作業となってしまった・・・・・。大泣

あらっ 長文ブログになってしまいました・・・・ごめんなさい  


Posted by Garage ALL-1 at 11:53Comments(0)マリン

2015年08月12日

エキサイター1430TR

一昨日は、朝から有田のマリーナにて作業
お知り合いの大阪のT満さまのエキサイター
船検の時期なのでとの事で依頼。
このエキサイター 以前は良く私も使わせて頂いており、使わせて頂いてる頃は完調な状態をキープする様に心掛けしていたが・・・
私自身 4年前に怪我をしてからウェイクから離れ、全く乗っていなかった。
ご本人も2~3年前に使用してから、乗ってないとの事で、船検の前に まず 完調なのか?どうか?の点検に行ってみました。
が・・・恐れていた事が・・・  セルを回しても クランキングしない・・・・クランクが錆びて固着???
ペラシャフト点検口&キルスイッチが塩噛みで外れない

クランクを手動で回したいが、この舟艇は手が届かない
マフラーなど上にある部品を撤去し、クランクを手で回してみる。

クランクは回ったが・・・ゴキっ ゴリッ
ん?しかし このゴリッは、クランクじゃないぞ。
ペラのハウジング部の塩膨れで、ペラが当たって回らない様子
上の点検口は外れなくても、セルは回せる(外すとキルスイッチで回せない)ので、しばらく手動でゴリっゴリッと回してると、少し軽くなってきた。
容量の大きいジャンプスタートバッテリーを持参してたので、そちらを繋いでセルスタート。
何とかセルで回る位になりました。
残るは、この塩噛みの点検口。。。 回りを外し 潤滑剤とヒートガンで、ガンガン温めて・・・
スライドハンマーで引っ張ったり また 入れたりを繰り返す。。
あまり無理をすると、本体はアルミと樹脂・・・割れそう
少しずつ 少しづつ  何度も繰り返し  何とか抜けました。
他 ハンドルのワイヤーも固着・・・・こちらも 何度も何度も動かして・・・・少し重いが何とか乗れそう
こりゃ お盆休みに試運転してみなきゃ怖そうだなぁ
何かエンジン音が微妙な嫌な雑音が有る気がするし・・・。
問題が無ければ、また私もお借りして 完調をキープしつつ私も楽しませて頂こう。。  うちのチビも初エキサイターに乗れるかなぁ  


Posted by Garage ALL-1 at 11:03Comments(0)マリン

2015年08月12日

ストリームのエアコン修理

少し前
娘から、昨日突然エアコンが効かなくなったぁ~と。
この猛暑にエアコンが効かない? そりゃ乗れないな!
早速 ガスメーターを繋ぐと 低圧メーターが振り切ってる
あちゃ~ コンプレッサーが壊れたかぁ・・・・うわっ出費大やん 汗
コンデンサーファンは回ってるし、エアコンリレーも働いてるから、圧力スイッチはOKのはず
試しに、ガスを抜いて真空引きして、再度ガス投入・・・変化無し
恐れながら、コンプレッサーを手で回してみる・・・ゴリっとなるだろうなぁ・・・ん? 普通の手ごたえやん!
次は、電磁クラッチを疑い クラッチ手前の配線の電圧チェック・・・・電圧OK
って事は、電気関係&コンプレッサー本体は大丈夫そう
次に電磁クラッチのステーターに他電源から直接電流を流してみると・・・カチッとなるはず・・・・無音・・・ダメやん
どうやら、電磁クラッチがご臨終。。。
中古のコンプレッサー丸ごと交換を考え、色々と物色しながら、情報を収集してみると、 どうやら このストリームの弱点らしい。。。
って事は、安い中古も怪しいぞぅ~    って事で、純正のステーターを調べてみると、思ってたより安いやん
こりゃ コンプレッサーを外す手間と、ガスの無駄がついてくるが、こちらしか安心やん。
幸い、市内のメーカーに在庫1点有り!!  即発注
部品待ちの間に、コンプレッサーを外しに掛かりながら、途中で・・・・
コンプレッサーとフレームの隙間を考えたら、もしかして?外さなくてもステーターの交換が出来るかも? と。どうせ、ダメ元で試してみよっと!
やったぁ~~  外せるやん!!


無事に、クラッチも外せ、新品のステーターに交換

冷え冷えのエアコンが復活

ふぅ~ 出費も少なくすんだわ~~  


Posted by Garage ALL-1 at 10:21Comments(0)4輪メンテ

2015年08月12日

DA64V エヴリーの簡単チューン

先日 お客様で山遊び仲間のK山君のエヴリーバンに簡単チューンしてみました。

以前からターボなのに遅すぎる、昔のF6Aのターボはもっと速かった と不満を漏らしてまして。
確かにK6Aになってから、マイルドターボなるものになり、遅くなったよなぁ~と。
そこで、簡単 激安 お手軽の定番
魚チューンなるものをしてみました。(数百円で出来ますし)
単に純正の制御VSVバルブをカットし、手動VVCに変更って訳ですね。



ノーマルの加給圧は0.6(通常)~0.8(負荷大)
魚チューンで最大1.1(通常)~1.2(負荷大)
手動にて設定出来るので、通常で0.8 負荷大でも0.9位で設定してみました
本人の感想は 最大にすると、めちゃ速い らしい
だけど、最大にすると 多分 エンジンが壊れます
ですので、普通のターボに戻ったみたい との域で0.8~0.9に。
加給圧を触ったので、お約束のブースト計

古いアナログですが・・・手持ちのを。。
ダッシュ上は、格好悪いし との要望で、埋め込んでみました。
さて、燃費はいかに???  


Posted by Garage ALL-1 at 09:57Comments(0)4輪メンテ

2015年08月12日

隼のセルモーター

お客様のN江さまからのご依頼でお預かり。

先日 岸和田辺りまで愛車の隼で出かけられた際
現地付近のGSで給油を終え出発しようとしたら、セルが回らない との状況になり その場はバッテリー上がり?
との判断で、GSの方にジャンプスタートを繋いで頂き何とかセルが回り出発は出来たそうですが、帰宅途中 メーターのFIランプが点灯する事が有ったとの事でお預かり
まずは、バッテリー本体をチェックするが異常なし
しかし、チェックの際 ターミナルが緩みグラグラなのを発見。
あぁ これだ!と思い 再度、お客様に状況を確認してみると・・・ ターミナルは自分で外したが セルが回らなかった時は 外しておらず GSを出発し 帰宅に向かうまでの間に放電を考慮し外したとの事
って事は、セルが回らなかった原因とは無関係。。
FIランプ点灯の原因のみだ。。。
点検は振り出しに戻り、再度点検が必要になった。
まず疑ったのは バッテリー・・・異常なし
レギュレター故障による過充電・・・異常なし
隼の弱点のワンウェイクラッチ・・・異常なし
残るは、セルモーター本体
セルを回した時の電圧降下・・・・ん? 降下幅が大きい
セルを回した時の電流・・・・ん?過電流
セルモーター異常に決まり!
モーターを分解してみると。。。 はい 内部ベアリングが固着


コミュテータ側のベアリングがご臨終

このベアリングは台湾製
そして、純正部品ではベアリングだけでの扱いは無く
モーターAssyになります。  それでは高価すぎる!
国産NTNベアリングに打ち換え 元気なモーターに戻りました。
セルスタート時の回り方が、全く違う!と喜んで頂き終了  


Posted by Garage ALL-1 at 09:36Comments(0)2輪メンテ