2015年05月07日

ドゥカ900MHR

同業者のK君からの、ご依頼の900MHR

K君のお客様が走行中にオイルが吹いた?との事で
点検修理の依頼で、見させて頂きました
エンジンクリーナーと高圧洗浄で、まず汚れを落とし点検
初めは、ん?どこから?と思う程 変化無し
しかし、20~30分アイドリングをして、エンジン温度が上がってきた時、ヘッド廻りからオイル漏れを発見
ヘッドとシリンダーの隙間から、ブチュブチュとオイルが出てきた。
腰上のガスケット&Oリング全セットを購入し
腰上のO/H

腰上部のガスケットとOリング類を全交換
バルブ廻りも研磨&擦り合せし、結構汚れも有るので、サンブラにて化粧直し


後は組み付けて終了
バルブの擦り合せの効果かな? アイドリングもバラく前より安定した様に思います


同じカテゴリー(2輪メンテ)の記事画像
隼のセルモーター
峠なら最強か? ストリートトリプル
DR250R
初林道に向け
コマジェ
KSR
同じカテゴリー(2輪メンテ)の記事
 隼のセルモーター (2015-08-12 09:36)
 峠なら最強か? ストリートトリプル (2015-05-07 10:50)
 DR250R (2014-10-14 18:28)
 初林道に向け (2014-10-14 10:22)
 コマジェ (2014-07-08 14:51)
 KSR (2014-06-06 09:30)

Posted by Garage ALL-1 at 10:39│Comments(0)2輪メンテ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。