2015年08月12日

隼のセルモーター

お客様のN江さまからのご依頼でお預かり。

先日 岸和田辺りまで愛車の隼で出かけられた際
現地付近のGSで給油を終え出発しようとしたら、セルが回らない との状況になり その場はバッテリー上がり?
との判断で、GSの方にジャンプスタートを繋いで頂き何とかセルが回り出発は出来たそうですが、帰宅途中 メーターのFIランプが点灯する事が有ったとの事でお預かり
まずは、バッテリー本体をチェックするが異常なし
しかし、チェックの際 ターミナルが緩みグラグラなのを発見。
あぁ これだ!と思い 再度、お客様に状況を確認してみると・・・ ターミナルは自分で外したが セルが回らなかった時は 外しておらず GSを出発し 帰宅に向かうまでの間に放電を考慮し外したとの事
って事は、セルが回らなかった原因とは無関係。。
FIランプ点灯の原因のみだ。。。
点検は振り出しに戻り、再度点検が必要になった。
まず疑ったのは バッテリー・・・異常なし
レギュレター故障による過充電・・・異常なし
隼の弱点のワンウェイクラッチ・・・異常なし
残るは、セルモーター本体
セルを回した時の電圧降下・・・・ん? 降下幅が大きい
セルを回した時の電流・・・・ん?過電流
セルモーター異常に決まり!
モーターを分解してみると。。。 はい 内部ベアリングが固着


コミュテータ側のベアリングがご臨終

このベアリングは台湾製
そして、純正部品ではベアリングだけでの扱いは無く
モーターAssyになります。  それでは高価すぎる!
国産NTNベアリングに打ち換え 元気なモーターに戻りました。
セルスタート時の回り方が、全く違う!と喜んで頂き終了


同じカテゴリー(2輪メンテ)の記事画像
峠なら最強か? ストリートトリプル
ドゥカ900MHR
DR250R
初林道に向け
コマジェ
KSR
同じカテゴリー(2輪メンテ)の記事
 峠なら最強か? ストリートトリプル (2015-05-07 10:50)
 ドゥカ900MHR (2015-05-07 10:39)
 DR250R (2014-10-14 18:28)
 初林道に向け (2014-10-14 10:22)
 コマジェ (2014-07-08 14:51)
 KSR (2014-06-06 09:30)

Posted by Garage ALL-1 at 09:36│Comments(0)2輪メンテ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。